のほほん製作所 日誌係

のほほんとした日常などをつづります

シトロエンBX 世界は広いな

 

初めて「そばかすボビンさん」を、

お店に見に行った時に、

BXにしては、

見たことのない色、

シートの様子に、

こんなのあったんですね、やっぱり世界は広いな、

という感想(?)を持ちました。

 

お店のひとは、僕を助手席に乗せてくれて、

近所をふらふらっと走ってくれました。

 

うわさ以上の、

かなりフカっとした椅子に腰掛けて、

元気のいいエンジン音を聴いていました。

 

乗り味はこれまでのBXに比べても、

かなりやわらかく、

茶色系の内装のおかげか、

どこかあたたかい空気に室内は満たされていました。

なんとも雰囲気がよいのです。

 

これまでのBXとぜんぜんちがうなあ、とおもいました。

これまでのBX延べ3台は、

後期型、ワゴンタイプ、1.9Lエンジン、内装黒色、

インジェクション、オートマチックでした。

 

今乗せてもらっているBXは、

前期型、ハッチバックタイプ、1.6Lエンジン、内装茶色、

キャブレター、5MTなのですから、

当然といえば当然かもしれません。

同じ車種でも、年代が変われば、

全くの別物なのかもしれません。 

 

これに乗れたら乗りたいなあ、とおもいました。

 

購入の決め手になったのは、

運転席に座っているメカニックのNさんでした。

Nさんも、大のBX好きで、

現在も2台を所有しているとのこと。

もし、ニシオさんが買わなかったら3台目として所有したいですね、と

すごいことをおっしゃる、おもしろいひとです。

BXの整備に関してはもちろん、情熱も感じました。

とても信頼できるひとだとおもいました。

 

クルマ、お店、ひと、すべてのご縁が揃いました。

ちなみに、お店は、

シトロエン専門店の、

アウトニーズさんです。

以前、AX14TRSというクルマで

お世話になったこともあるお店です。 

 

というわけで、

Nさんの「おまかせ整備」付きで、

BX「そばかすボビンさん」を晴れて購入、

となったのでした。

めでたし、めでたし。

 

(つづく)

 

f:id:nohohon-nishio:20191229184048j:plain

        うしろにもなにかいますね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

.